レーザーで簡単になった

顔に触れる女性

処置の流れ

一度できると吹き出物のように治らないのがほくろです。さらに時間と共にできている場所が皮下深くなり、同時に盛り上がってくることは珍しくありません。盛り上がってきたり大きくなってきたりすると、美容面で気になる人が主に女性に多いです。人と会ったときや会話しているときにほくろを見られるのはコンプレックスの原因となります。美容のコンプレックスを解消してくれるところといえば、美容クリニックです。美容外科クリニックや美容皮膚科などでは、ほくろ治療は既にスタンダードなメニューになっています。治療がスタンダードになったのは、レーザー機器の発達によるものと考えられます。特にほくろやいぼを除去するのに最適な、炭酸ガスレーザーが出てきてからです。レーザーは様々なタイプがありますが、多いのは黒い色に反応するタイプの機器です。黒い色に反応するレーザーでもほくろを除去することは可能なものの、肌色や褐色のものに対して反応が弱いのが弱点となります。一方、炭酸ガスレーザーは水分の多い組織に対して熱を発するので、肌色であっても問題なく削れます。それにレーザーによる処置はメスで切らないので傷痕が残りにくい点や出血がほとんどない点、治療が短時間で終わる点などが魅力です。メスによる切開は大きなものも除去できて、再発リスクが低いという点がメリットではあるものの、大きく削らなくてはいけないために女性にとって勇気が必要な治療と言えます。その点レーザーは比較的気軽に行える処置で、価格も控えめな傾向にあります。美容外科クリニックや美容皮膚科を受診するときは、予約を入れてから来院するのが一般的です。ほくろ治療は基本的に自由診療のため、丁寧なカウンセリングが行われ、適した治療法とその注意点などが説明されます。それを聞いて、納得の行く内容と費用であれば、治療に関する誓約書などにサインをします。炭酸ガスレーザーの処置だと、カウンセリング当日に行える場合が多いです。もし家に帰って熟考したい場合は、日を改めたりキャンセルしたりも可能です。炭酸ガスレーザーの施術は刺激が強いので、部分麻酔をして処置の痛みを和らげます。部分麻酔は注射ですが、痛みは一瞬で済むでしょう。麻酔が効いてきたら、レーザーの光線を一瞬当てます。ほくろの水分がレーザーの光を吸収して膨張、内圧がかかり一気に蒸散してしまいます。医師は目視で色素を確認し、残っていれば数回かけてレーザーを照射し、完全に除去したら終了です。なお、細胞の周囲は熱凝固作用によって一瞬で固まり、出血することはありません。クリニックによるものの、施術後はテープや軟膏、美白剤が出されます。テープは1週間から10日ほど貼り、傷を保護します。削った後の皮膚は穴が開いた状態で、できるかさぶたは黒いので驚くかもしれませんが異常ではありません。このかさぶたは自然に剥がれるのを待つと傷が綺麗に治りやすいです。それに完全に傷が綺麗に治るには、1年以上かかる場合もあります。色素沈着が起きやすいため、美白剤を塗ったり紫外線対策を入念に行ったりするといいでしょう。

Copyright© 2018 気になるほくろは治療で除去【形成外科の知識を持った医師に相談】 All Rights Reserved.