美容外科は相談がしやすい

女性

皮膚の一部の除去を行なう

ほくろというのは色素のある皮膚組織の一部として発現します。形状や特徴などは分かれていますが、目立つ場所にできていると見た目にも影響があります。特に顔や首など、衣服で隠せない部分にあるものは除去をしたいと考える人も多いです。皮膚の一部を除去するとなると、皮膚科や美容外科などで治療してもらう必要があります。特に美容外科であればカウンセリングなどで担当医とじっくり話し合える場がありますので、その機会をうまく活用するのがよいでしょう。ほくろの取り方にも切除やレーザー治療などの種類があり、顔にあるほくろを除去したい場合は美容外科で美しく取ってもらうのがおすすめです。サイズ次第では切除よりもレーザー治療のほうが見た目に影響を与えにくいとされています。切除は文字通り、メスで切り取って縫い合わせる手術です。今日の美容整形技術は進歩しているので、電気メスなどを使用すれば痕など目立たないよう取り除くことも可能になってきています。しかし、根が深いものやサイズが大きいものは縫合することによって皮膚を歪ませてしまう可能性もあります。レーザー治療ですと、レーザー照射で色素のある皮膚組織を削り取ったり、色素だけを抜き取ったりする方法になります。一時的に火傷のような痕になりますが、正しくケアを行なってかさぶたが剥がれれば、ほとんどの場合美しい肌に修復されています。どちらの方法をとるか、リスクなども含め担当医に適切に診断してもらって、できるだけ治療痕が残らないように綺麗に仕上げてもらうのがよいでしょう。美容クリニックにほくろ除去治療を申し込むときには、そのクリニックの予約システムに則って予約を事前に入れることになります。ほくろ除去の場合、来院当日にカウンセリングと治療を行なうところもあれば、カウンセリング予約と受診予約を別日に設定しなければならないところもあります。受診するクリニックがすでに決まっているならば、予約の入れ方を間違えないように気をつけましょう。クリニックに来院したら、まず問診票の記入やカウンセリングがあります。稀にほくろではなく悪性腫瘍であったり、いぼであったりする場合があるため、その診断を行なうためです。また、どのような除去方法が一番リスクが少ないかや、患者自身の希望に合っているかを思案する目的もあります。そして、担当医と意見を共有しながら話し合いをし、どの除去方法を選択するかを決定します。担当医が推奨する除去方法のうち、費用やリスク、ダウンタイムの期間などを考え、患者自身が最終決定を下す流れになります。主に切除かレーザー治療かに分かれるのですが、切除だと皮膚へ負担をかけることになりますし、ダウンタイムもややかかります。レーザー治療ですと出血がないので身体的ダメージは少ないですが、自由診療なので費用がかさむ可能性もあります。患者自身の生活スタイルや職業、不安点などを考慮して、納得のいく方法で治療を進めることになります。クリニックにもよりますが、カウンセリングだけ行なって除去方法の選択を一旦持ち帰ることができるところもあります。どの方法にせよ多少のリスクはありますので、じっくり考え、納得のいく答えが出たら、除去開始となります。

Copyright© 2018 気になるほくろは治療で除去【形成外科の知識を持った医師に相談】 All Rights Reserved.